今では当たり前の純白のウエディングドレス
そもそもなぜ結婚式は白のドレスが定番化したのか

結婚式といえば“純白のウエディングドレス”と考える方はやはり今でも非常に多いです。
特に、女性にとっては、一生に一度の結婚式ですから、衣装を選ぶ際には迷うことなく純白のウエディングドレスは着たいという新婦の方も多いと思います。

しかしながら、なぜ純白のウエディングドレスなのかと聞かれたところで、ズバリ答えられる方はあまりいないものです。

ここでは、うんちくも含めたなぜ結婚式では純白のウエディングドレスを着る事になった理由についてお話してみたいと思います。

スポンサードリンク

歴史は1800年代までさかのぼる!?

歴史に詳しくない方であってもイギリスのヴィクトリア女王という名は知っているかと思います。
このヴィクトリア女王というのは、当時ではまだ非常に珍しかった恋愛結婚をしている方なのです。

そんなヴィクトリア女王の時代、当時の王族の結婚式では、金銀の色で刺繍がされた非常に豪華なカラードレスという服装が一般的でした。

しかしながら、ヴィクトリア女王は、これに沿う事なく、シルクサテンでできた白いドレスを着て出たのです。

これは当時にしてみれば画期的でもあり様々なメディアに取り上げられ、非常に大きなニュースとなりました。

それに伴い、幸せそうなヴィクトリア女王が着ていた白いウエディングドレスは、イギリスだけでなく全世界の女性の憧れとなったのです。

ヴァージンと純白のドレスがイメージとして重なるように

今でこそあまりそこまで厳格に考える方は少数派になっているかと思いますが、当時では花嫁はヴァージンであるべきだという風潮がありました。

これは、花嫁の歩く道をヴァージンロードと呼ぶように、花嫁というのはヴァージンのイメージが強いのです。

このヴァージンのイメージと白いドレスの純真無垢なイメージが重なるようになり、花嫁=純白のウエディングドレスというものが一種の象徴のようになっていったのです。

その時代の風潮や考え方というのも大きく影響していたのだと解ります。

そして、その後にはドレスに使う素材のレースやシルクの大量生産が可能になった事もあり、ヴィクトリア女王に憧れた女性が実際の自分たちの結婚式で純白のウエディングドレスを身にまとうことができるようなり一般化していきました。

このようにして、今では当たり前のように着ている結婚式での純白のウエディングドレスというものが世の中に浸透していったのです。

白という色の意味は結婚式に相応しい

ヴァージンのイメージと白いドレスのイメージが重なったという話をしましたが、実は「白」という色自体にも意味はあります。

というのも、ドレスとは違い、日本では白無垢という衣装がそもそもあります。

日本での神前式では、この白無垢などを着る事になりますが、そもそも白というのは神聖な色だと考えられています。

神様の前で夫婦となることを誓う結婚式だからこそ、神聖な白い衣装で臨むという部分もあるのかもしれません。

また、結婚式では純白のウエディングを着た後に、お色直しでカラードレスに着替えるという流れはもはや定番と言っても良いほどに多くの人が取り入れています。

この“最初”に純白のウエディングドレスを着て出るというのは、「誰にも染められていない真っ白な状態」ということを示す意味もあると言われています。

これから夫婦になっていく者同士になりますので、「真っ白な状態から、2人で2人らしい新しい色をつけていく」ということを象徴しているのです。

場合によっては、まだ昔の名残などもあり、女性の地位がそこまで今ほど認められていなかった時代でもありますから、真っ白な新婦が新郎の色に染められていくという解釈もあったのかもしれません。

新しいスターとになるからこそのまっさらで真っ白なドレス

どちらにせよ、結婚式というのは夫婦の新しい生活のスタート地点でもあります。
その新しいスタートを、白と同じまっさらな状態で2人で一緒に歩んでいきたい、またそのように歩んでいくのが望ましいということなのです。

結婚式というと純白のウエディングドレスであることが当たり前のように思われがちですが、実は純白のウエディングドレスにも由来がありますし、そこにこめられた意味というものもあるのです。

こういった背景を知っていくと、結婚式のウエディングドレス選びにも気合いが入っていくものでもありますし、昔の時代の人の思いなどもふと思い返しながら、結婚準備を楽しんでもらえたらと思います。

スポンサードリンク

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

今更聞けない!ウエディングドレス・白無垢・色打掛の違いや特徴
結婚式で女性が特にこだわりたいところの1つといえば、やはり衣装選びです。 ウエディングドレスに憧れる女性が多い一方で、最近では白無垢や色打ち掛けなどの和装も重視したいという女性も ...

最近のエントリー

結婚式の演出の考え方と注意点 – アイデアをどう出して考えれば良いのか
プチギフトの種類~皆が喜ぶマカロンやキャンディー・チョコのお菓子~
プチギフトの種類~和風の結婚式に最適な箸・扇子・耳かきなど和のアイテム~
プチギフトの種類~ハンドタオルやタオルハンカチなどの実用品のタオル~
贈り分けをしない引き出物に食器類を贈るのは止めておいた方が良い理由
引き出物やプチギフトに自分達の写真や似顔絵入りのお皿・食器は絶対に辞めておく
プチギフトの種類~定番のガムは口臭の匂い消しなど心配りにもなる~
両親の手紙で迷ったら先輩花嫁の例文を参考に!ポイントと注意点を解説
両親への手紙の演出は、動画撮影し両親贈呈ギフトにも使うとオススメ
プチギフトの種類~その場で食べられるクッキーを贈ろう~


Page Top