男性の二次会の服装について
スーツが基本でも小物使いで差を付けよう

カテゴリ:【 結婚式二次会の幹事

結婚式の二次会に招待されたものの、二次会だと何を着て行けば…?と悩んでしまう男性は実は多くいます。

結婚式の披露宴ほどもフォーマルでないとされる二次会ですが、かといってカジュアルすぎるファッションはNGになってしまいますし、そもそもスーツでいいのかな?と不安になる方が後を絶ちません。

今回は、そんな男性のための二次会の服装マナーやルールについてまとめてみました。

スポンサードリンク

「平服」ってどういうこと?

二次会の服装を語る上で外せないのが、この平服です。
招待状などに、「平服でお越しください」などと書かれていたりする場合がありますが、これは要注意です。

この「平服」というのを、普段と同じようなカジュアルな服装だと勘違いしている人がいるのですがこれは大きな誤りです。

平服=カジュアルな服装だと思って、二次会にジーンズなどで出かけると恥をかくことになるので注意しましょう。

この平服という正しい意味は、カジュアルOKや堅苦しさは辞めてねというのではなく、「場の雰囲気に合わせた服装で来て下さい」という意味です。
いわゆる、TPOをわきまえてという意味になります。

今では常識となりつつありますが、それでもまだまだ勘違いしてしまう方が少なからずいますので、注意しておきましょう。

披露宴と二次会の両方に出席するときの服装マナー

結婚式の披露宴と二次会の両方に参加するときは、あまり悩む必要はありません。
というのも、披露宴の格好そのままで二次会に出席すれば問題ないからです。

とはいえ、せっかくのイベントでもありパーティーという事で、服装は少しなにかしら変えたいという方もいるかもしれません。

そういったように、披露宴と二次会で変化をつけたい人は、ネクタイを変えてみたり、ボタンやチーフなど、小物の使い方などでアクセントを変えるだけでも大きくイメージが変わります。

服装自体を変えるには荷物が非常に大きくなりますが、小物ならバッグにしまっておけるので、上手に活用すれば、女性からの評価も上がるかもしれませんね。

二次会のみに参加するときの服装マナー

二次会のみに参加する場合は少し注意です。
先ほどにも記載したように、たとえ「平服で」と書かれていても、男性はスーツ姿が無難であり一般的です。

あまりにフォーマルにする必要はありませんが、ビジネススーツと同程度のものを身に着けておけば間違いないでしょう。

そもそも二次会は別の日開催であれば別ですが、同日開催なら披露宴からそのまま来る人も多いです。

そうなると、ほとんどの参加者はスーツになりますから、自分だけ違うのはあきらかに浮くという結果にも繋がります。

ファッショナブルに着こなしたいという人は、カラーシャツや少し華やかなアクセサリーをつけるといったところで差別化するようにしましょう。

休日ファッションのような服装はNGでマナー違反にもなりかねませんから、避けてスーツをベースに考えておくようにしましょう。

二次会の会場や時間帯を考えて服装を決める

二次会が開催される場所によってもふさわしい服装は変わってきます。
たとえば、居酒屋のような比較的カジュアルな場所での二次会なのか、ホテルの一室を借りての二次会なのか、バーなどのおしゃれなムーディーな場所の二次会なのかで当然異なります。

場所によっては、あまりにもフォーマルすぎるファションでは浮いてしまう事もありますし、カジュアルすぎるのも当然ダメになる場所もあります。

また、参加するゲストの顔ぶれなども考えておくようにした方がいいです。
披露宴から出席するゲストが多い場合、仕事関係の人が多い場合、親族なども参加する場合の二次会は、ある程度フォーマルな服装のほうが安心です。

カジュアルな二次会の場合の服装について

居酒屋やライブハウスなど、場所的にカジュアルな場合であっても、最低限のマナーがあります。
短パンやTシャツ、サンダル、スニーカーは避けるべきですし、「ジーンズOK」と仮に書かれていても、きれい目のジーンズを選ぶようにします。

破れたジーンズなど、ジーンズOKといった言葉を拡大解釈しすぎたりしないように注意しましょう。

カジュアルな場所とはいえ、テーマは結婚式の二次会です。
それなりのマナーを持って、清潔感やきちんと感のある格好をするようにします。

心配な人は、他の参加ゲストや知り合いに、それとなく探りを入れてみると良いでしょう。

やりすぎは禁物だけど多少の遊び心や演出も忘れずに

女性と同様で、男性も当たり前ですが主役の新郎よりも目立つ格好は避けなければなりません。

ステージ衣装のような豪華すぎるものや、派手すぎるアクセサリーは、いくら結婚式の二次会でも会場で浮いてしまいます。

基本ルールとしては披露宴と同じです。
ライブハウスやバーでの二次会だからといって、スカル系などのアクセサリーなどはもってのほかですし、絶対に辞めましょう。

あくまでも、上品な華やかさの中に、自分の個性を光らせるようなファッションが理想的です。

とはいえ、二次会は二次会ならではの流れや楽しさ、緩さもあります。
披露宴と同じファッションでも問題ありませんが、せっかくのより距離の近いパーティーに参加するのですから、おしゃれも楽しみましょう。

特に男性はスーツでおしゃれを考えたりする機会は少ないです。
仕事ではあまりできないような、輝くカフスボタンやタイピン、チーフにネクタイと小物使いとシャツの相性などを考えてみるのも楽しいものです。

結婚式の二次会は、また特別なファッションセンスの見せ所です。
ちょっと気の利いた服装で、おしゃれを楽しんでみましょう。

スポンサードリンク

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

結婚式の二次会会場の選び方 – 会場の下見から予約まで徹底解説
二次会の会場選びは、二次会そのものの雰囲気や成功を左右する大切な仕事です。 会場の大きさやイメージ、立地条件や設備など、会場選びは様々な視点から考慮して決定しなければなりません。 ...

結婚式の二次会でそれぞれ必要な役割分担を決める
二次会の運営は、準備から当日の進行まで、数名で役割分担することが必要です。 人数が多すぎては、なかなかまとまりにくくなりますが、1人ではどう考えても負担しきれません。 幹事 ...

結婚式二次会に参加するゲストの服装の基本とルールマナー
結婚式の二次会と言えば、披露宴ほどの堅苦しさが少し和らぐため、着ていく服装に悩んでしまうこともあります。 また、披露宴に参加した場合や二次会だけの参加などでも色々なパターンがあり ...

結婚式二次会のゲームや演出のアイデアとおすすめゲームの紹介
結婚式の二次会といえば、やはりビンゴなどのゲームがつきものです。 ちょっとしたゲームや余興を行うことで、パーティにもメリハリがつき、ゲスト同士の会話も増えやすく、一体感ができたり ...

二次会の司会に向く人や進行のポイントや注意点と予定や段取りスケジュールの解説
二次会の司会は、成功の可否を決める重大な要素です。 二次会を成功へと導く司会進行には、どのようなことが必要なのか、そのポイントを確認しておきましょう。 まさに司会進行こそが ...

最近のエントリー

結婚式の演出の考え方と注意点 – アイデアをどう出して考えれば良いのか
プチギフトの種類~皆が喜ぶマカロンやキャンディー・チョコのお菓子~
プチギフトの種類~和風の結婚式に最適な箸・扇子・耳かきなど和のアイテム~
プチギフトの種類~ハンドタオルやタオルハンカチなどの実用品のタオル~
贈り分けをしない引き出物に食器類を贈るのは止めておいた方が良い理由
引き出物やプチギフトに自分達の写真や似顔絵入りのお皿・食器は絶対に辞めておく
プチギフトの種類~定番のガムは口臭の匂い消しなど心配りにもなる~
両親の手紙で迷ったら先輩花嫁の例文を参考に!ポイントと注意点を解説
両親への手紙の演出は、動画撮影し両親贈呈ギフトにも使うとオススメ
プチギフトの種類~その場で食べられるクッキーを贈ろう~


Page Top