二次会を成功させるためには、
新郎新婦と幹事の顔合わせで共有する事が大切

カテゴリ:【 結婚式二次会の幹事

結婚式の二次会の幹事を誰にするか決まったら、まず新郎新婦との顔合わせが必要となります。

直接会っての打ち合わせは、二次会の成功のためにも非常に重要です。
この打ち合わせでしっかりと新郎新婦の二次会に対するイメージを幹事と共有することが必要となります。

幹事との顔合わせの際に気をつけておきたいチェックポイントをまとめてみました。

スポンサードリンク

幹事と新郎新婦の連絡をしっかり

二次会の幹事というのは、とても仕事の量が多いです。
それを丸投げするのはもちろん良くありませんし、すべて幹事任せにしてしまうと、「こんなはずじゃなかったのに」なんてトラブルにもなりやすくなります。

もちろん、100%信頼できる相手であれば問題ありませんが、そうでないなら、幹事と新郎新婦との連絡を蜜にすることが大切です。

特にこの最初の顔合わせで、しっかりと2人の二次会に対する思いやイメージ、方向性などを伝え、理想に近い二次会を演出できるようにしましょう。

それぞれの役割分担を明確にする

二次会の幹事の仕事はたくさんあります。
どこまでを幹事が担当し、どの部分を新郎新婦でやるのかを明確に話し合っておきましょう。

特に役割によっては、それが完了しなければ他のものに手が付けられないといったものもありますから、ここはしっかりと双方が同じ理解をしておく必要があります。

二次会に関する主な仕事は次のようなものがあります。

  • 招待客のリストアップ
  • 招待状の送付もしくは案内の連絡
  • ゲストの出欠確認
  • 予算を決める
  • 司会進行など、当日の役割分担、担当者の決定
  • 二次会会場の下見と決定
  • 二次会の余興やイベントの計画
  • 二次会での音楽などの準備
  • ゲームの景品や備品の準備
  • ゲストへのギフトの用意

ざっと大きなくくりだけで挙げても、これだけ多くの仕事があります。
すべて幹事任せというのも、大きな負担ですし、会場や予算決めなど新郎新婦が関わらず任せっきりにするのは逆に不安という要素もあります。

招待客のリストアップや会場の下見など、新郎新婦も一緒に行うほうが、自分たちのイメージに近い二次会が演出できると言えますし幹事側も安心できます。

どこを誰が担当するのかをしっかりと決めていきましょう。

顔合わせでのチェックリスト

幹事と新郎新婦が始めての顔合わせを行うとき、最低でもチェックしておきたいポイントをリストアップしておきました。

  • 新郎新婦と幹事の役割分担をはっきりさせる
  • 二次会の雰囲気やテーマを決定する
  • 二次会の日時(何時から何時まで)と場所を決める
  • 二次会の会費と予算を決める
  • 招待客のたいだいの目安人数を決める
  • 二次会でやりたいことや希望することを確認

二次会の大まかなイメージを共有することはとても大事

意外と疎かにされやすいのが、新郎新婦がどんな二次会をしたいと思っているかということです。
幹事さんのほうで、「ふたりのために!」と盛り上がって色々やるのもいいことですが、まれに幹事だけで暴走しすぎるケースもあります。

二次会は参加ゲストも関係性がより濃いゲストが多くなる傾向が強いです。
だからこそ、2人のイメージや二次会でやりたいことなどを積極的に幹事に伝えて、思いや意識の共有をしっかりと行うようにしましょう。

当日の新郎新婦のスケジュールの確認も忘れずに

もう1つに大切なこととして、当日のスケジュールで、新郎新婦の行動を幹事に連絡しておくことです。

今では披露宴と二次会を同じ日に行う場合が多いですが、この場合、披露宴の片付けなどによって新郎新婦が二次会の会場への到着が遅れるという事も頻繁に起こります。

二次会の開催時間が無理のない時間になっているか、もし二人が遅れてしまったときはどうするかなどを決めるためにも、二人の当日の行動を幹事に把握してもらうことが大切です。

もちろんスケジュール通りにいかない事も多いですが、あらかじめ把握した上でのズレと何も知らないままのズレでは全然違いますので、しっかりと当日のスケジュールの共有も行っておきましょう。

スポンサードリンク

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

男性の結婚式二次会の服装マナーとスーツやシャツと小物の着こなし術
結婚式の二次会に招待されたものの、二次会だと何を着て行けば…?と悩んでしまう男性は実は多くいます。 結婚式の披露宴ほどもフォーマルでないとされる二次会ですが、かといってカジュ ...

結婚式の二次会でそれぞれ必要な役割分担を決める
二次会の運営は、準備から当日の進行まで、数名で役割分担することが必要です。 人数が多すぎては、なかなかまとまりにくくなりますが、1人ではどう考えても負担しきれません。 幹事 ...

結婚式二次会に参加するゲストの服装の基本とルールマナー
結婚式の二次会と言えば、披露宴ほどの堅苦しさが少し和らぐため、着ていく服装に悩んでしまうこともあります。 また、披露宴に参加した場合や二次会だけの参加などでも色々なパターンがあり ...

結婚式の二次会の招待客のリストアップと招待状の送付
二次会は、お世話になった人や今後もお付き合いしていく人をゲストとして招待し、一緒に祝ってもらうために行うものです。 誰を招待するかをリストアップするのは、非常に悩ましいところ ...

結婚式の二次会の予算の考え方とその予算の組み立て方
何事もそうですが、予算をかければかけた分だけ出来る事は増えます。 しかしながら、予算が青天井というものはなく、結婚式の二次会においても予算という問題はどうしても付きまといます。 ...

最近のエントリー

結婚式の演出の考え方と注意点 – アイデアをどう出して考えれば良いのか
プチギフトの種類~皆が喜ぶマカロンやキャンディー・チョコのお菓子~
プチギフトの種類~和風の結婚式に最適な箸・扇子・耳かきなど和のアイテム~
プチギフトの種類~ハンドタオルやタオルハンカチなどの実用品のタオル~
贈り分けをしない引き出物に食器類を贈るのは止めておいた方が良い理由
引き出物やプチギフトに自分達の写真や似顔絵入りのお皿・食器は絶対に辞めておく
プチギフトの種類~定番のガムは口臭の匂い消しなど心配りにもなる~
両親の手紙で迷ったら先輩花嫁の例文を参考に!ポイントと注意点を解説
両親への手紙の演出は、動画撮影し両親贈呈ギフトにも使うとオススメ
プチギフトの種類~その場で食べられるクッキーを贈ろう~


Page Top